タブ型リッチメニューの作成

機能の概要

タブ型リッチメニューを簡単に導入できる

リッチメニューのタブ化で、タップ領域をふやしながら適切な導線を設置できるため、限られたスペースを効果的に活用できます

他社配信ツールとの併用が可能

Webhook URLの設定なしでご利用いただけるため、タブの切り替えがスピーディにできるほか、他社配信ツールとの併用も可能です

無料プランから利用可能

Shopifyのベーシックプラン・CRM PLUS on LINEのFreeプランからご利用いただけます

CRM PLUS on LINEでは、簡単な設定で「タブ型リッチメニューの作成」が可能です。

  • タブで複数のリッチメニューの表示を切り替えたい
  • 他の配信ツールと併用しながら、Webhook URLを利用しない方法でタブ型リッチメニューを導入したい

というシーンにおすすめの機能です。

機能の説明

タブ型リッチメニューとは?


LINE公式アカウントのリッチメニューは、トーク画面下部に表示されるタイル状のメニューのことです。常時表示可能かつ画像を利用して訴求できることから、視認性が高くCTRが高いといわれています。

タブ型リッチメニュー例(ソーシャルPLUS LINE公式アカウントより)

リッチメニュー内は複数のタップ領域に分かれており、それぞれリンクを設定し、マイページやWebサイトなど複数の導線を設置できます。

タブを利用してリッチメニューの表示内容を切り替えられると、限られたスペースで多くのメニュー(タップ領域)を提供できます。

◆リッチメニューに関して詳しくはこちら
LINE公式アカウントのリッチメニュー、基本機能から属性にあわせた出し分けまで一挙解説|LINE公式アカウント徹底活用ブログ


Webhook URLを利用しないため、他の配信ツールとの併用が可能

タブ化・出し分けなどリッチメニューの高度なカスタマイズには、LINEのMessaging APIの利用が必須ですが、CRM PLUS on LINEを使うと簡単に実現できます。

また、CRM PLUS on LINEのリッチメニュー作成機能は、Webhook URLの設定なしでご利用いただけるため、タブの切り替えがスピーディにできるほか、他社配信ツールとの併用も可能です。

※ Webhook URLはLINEが提供しているMessaging APIの機能の一つで、友だち追加や友だちからのメッセージ送信等のイベントを受信する仕組みです。
Webhook URLは1つのLINE公式アカウントにつき1つしか設定できません。そのため、ツールの併用ができないというケースもあります。

CRM PLUS on LINEのリッチメニュー機能はWebhook URLの設定が不要なため、他のツールとの併用も可能です。

費用

Shopifyベーシックからご利用可能

ご利用中のShopifyの月額料金

$25~
Freeプランからご利用可能

Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」の月額料金

$0~
コミュニケーションプランからご利用可能

LINE公式アカウントの月額料金

¥0~

よくある質問

arrow
LINE Official Account Manager のリッチメニューと併用できますか?

併用は可能ですが、CRM PLUS on LINEのメッセージマネージャ―から配信したリッチメニューが優先して表示されます。CRM PLUS on LINEのメッセージマネージャ―から配信されたリッチメニューは、「削除」または「配信停止」するまでLINEのトーク画面に表示され続けます。

arrow
リッチメニューに設定する画像のサイズ指定はありますか?

1200px × 810px(一般的な端末向け)を推奨します。2500px × 1686px(高解像度向け)もご利用いただけますが、読み込みに時間がかかる可能性があります。

arrow
リッチメニューに使える画像のテンプレートはありますか?

アクションやタブのサイズを記載したテンプレート画像をご用意しています。ダウンロードして背景画像の下地としてご利用いただけます。

活用ガイド一覧へ戻る

Freeプランに利用期間制限はありません!お気軽にインストールしてお試しください!

CRM PLUS on LINEに関するお問い合わせやご相談など、お気軽にお問い合わせください。