【Shopify Flow】閲覧商品の再入荷をLINEでリアルタイム配信

機能の概要

閲覧商品の再入荷をリアルタイムにLINEでお知らせ

「お客様が閲覧した商品が再入荷しました!」というLINEを、在庫数の復活と連動して自動で配信できます。お客様のリアルタイムな興味関心を反映したLINE配信で購入を後押ししましょう!

Shopifyはベーシックプランから、CRM PLUS on LINEはStandardプランからご利用可能

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」を利用します。Shopify Flowは、Shopifyベーシックプランから利用可能になりました(2023年7月27日追記)。CRM PLUS on LINEはStandardプラン($50)以上でご利用可能です。

Shopify Flowで柔軟な設計が可能、テンプレートもございます

Shopify Flowでワークフローを設定するので、商品の様々なデータ(タグやコレクション、タイトルなど)を参照した条件分岐ができます。ワークフローのテンプレートもご用意していますので、お気軽にサポートチーム宛にお声がけください。

機能の説明

閲覧商品の再入荷をリアルタイムにLINEでお知らせ

「お客様が閲覧した商品が再入荷しました!」のように、閲覧した商品の在庫復活をリアルタイムにお知らせすることで、購入を迷っている方の後押しが可能です。メールでの配信も効果的ですが、より開封率・クリック率が高いLINEで配信することで、購入率の向上が期待できます。

Shopify  Flowで配信フローを柔軟に自動化

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」との連携により、商品の再入荷のタイミングと連動して自動的に配信されます。商品の様々なデータ(タグやコレクション、タイトルなど)を参照した条件分岐が可能です。ワークフローの設定テンプレートもご用意しています。

「そもそもShopify Flowとは?何ができるのか?」については、下記記事をご参照ください。

解説記事

Shopify Flowとは?CRM PLUS on LINEでのメッセージ配信自動化事例

Shopify Flow 設定方法のご案内

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」をインストールしていない場合は、Shopifyアプリストアからインストールしてください。Shopify Flowのインストール・利用に費用はかかりません。

Shopifyアプリストア「Shopify Flow」インストールページ

インストールできたら、Shopify管理画面 > アプリ > Shopify Flow と進んで、「ワークフローを作成」をクリックします。

Shopify管理画面 > アプリ > Shopify Flow と進んで、「ワークフローを作成」をクリック

再入荷(在庫が復活した)時に閲覧商品のリマインドを配信する

まず、今回設定するワークフローの完成形をお見せします。

・トリガー:Inventory quantity changed (在庫数が変動)
・条件1:変動前の在庫数が0以下、現在の在庫数が1以上
・条件2:リマインドメッセージ配信の除外用タグ”remind_exclusion”
・アクション:閲覧履歴のある顧客に商品をレコメンドする(CRM PLUS on LINEが提供しているアクション)

以下、順を追って設定方法を説明していきます。

トリガーの設定

トリガーをクリックし、トリガーの詳細設定画面を開きます。商品の在庫が変動したら発火する「Inventory quantity changed」を選択します。

条件1の設定(在庫がいくつになったら配信するか)

例として、在庫数が0(品切れ)の状態から、在庫数が1以上になった時に「お客様が閲覧した商品が再入荷しました!」と配信する設定を行います。

※在庫数が10以上になったら配信したい場合などは、ご希望に合わせて設定内容を変更してください。

❶在庫変動した商品の、前の在庫数が0以下であったことを確認するために「基準を追加 > Trigger Variables > Inventory Quantity Prior(変動前の在庫数)」を選択します。条件は「Less than or equal to(〜以下)」 で「0」を設定します。

❷現在の在庫数が1以上であることを確認するために「基準を追加 > Shopify API > Product Variant > InventoryQuantity」を指定し「 Greater than or equal to(〜以上)」で「1」を設定します。

条件2の設定(特定の商品をリマインド配信の対象外にする)

※全ての商品に対して閲覧リマインド配信を行いたい場合は、本設定は不要です。

特定の商品をリマインド配信の対象外にしたい場合は、該当商品の除外設定が必要です。

配信対象から除外したい商品に除外用のタグ(例:remind_exclusion)を設定します。

商品への除外用タグ設定イメージ

除外タグを設定できたら、Shopify Flow上でも除外条件として下記のように設定します。

「Product > Tags」を指定し「Equal to(一致する)」で「remind_exclusion(除外タグの一例です)」を設定します。

この除外条件を設定する場合は、「Otherwise」からアクション「閲覧履歴のある顧客に商品をレコメンドする」を繋げます。

アクションを設定する

「アクションを追加して「CRM PLUS on LINE > 閲覧履歴のある顧客に商品をレコメンド」を選択します。

アクションの詳細を設定していきます。

商品種別ID:{{productVariant.id}} と入力します。

タイトル・リンクテキスト:LINE配信で顧客に言及する文章を入力します。イメージでは「以前ご覧いただいた商品が再入荷しました!」と入力しています。リンクテキストには、商品ページに遷移するリンクが設定されたボタンの文言を入力します。イメージでは「商品を確認する」と入力しています。

閲覧履歴の期間:何日前まで遡って閲覧履歴のある顧客へ配信するかを指定します。最大値は”90”です。イメージでは「10」と入力しています。

クエリパラメータ:商品ページリンクに遷移するURLへ付与するクエリパラメータを設定します。


■Google Analyticsで配信経由のCVを測定したい時
https://crmplus.socialplus.jp?utm_source=crmplus&utm_medium=LINE&utm_campaign=abandoned_browse_reminder_restock

■LINEアプリ内ブラウザではなく外部ブラウザで開かせたい時
https://crmplus.socialplus.jp?openExternalBrowser=1


※実際のパラメータ設定はストアごとに異なります。ご自身のストアの他の設定と合わせて、パラメータを調整してください。

自動調整を無効化する:チェックがOFFの状態では、同じお客様に何度も配信されないよう、配信回数が自動調整されています。自動調整を無効化し、動作確認したい場合にだけチェックを入れてください。

上記のように設定した場合、下記のイメージの配信が行われます。

閲覧商品の再入荷配信がされない条件


・CRM PLUS on LINIE の契約が Standard プラン未満
・同一商品種別に対して、 2 週間以内に閲覧商品リマインドが配信されている
・商品が「下書き」または「アーカイブ」されている
・商品在庫数が0になっている
・商品に配信除外タグを設定している
・対象顧客が商品を購入済み
・対象顧客が LINEのID連携をおこなっていない

費用

Shopifyベーシックからご利用可能

ご利用中のShopifyの月額料金

$25~
Standardプランからご利用可能

Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」の月額料金

$50〜
Shopify社提供のワークフロー自動化アプリ

Shopify Flowの月額料金

無料
コミュニケーションプランからご利用可能

LINE公式アカウントの月額料金

¥0~
スタンダートプランでは~3円/通

LINE公式アカウントの通数課金(無料通数を超えた場合のみ)

随時

よくある質問

arrow
【在庫×閲覧商品リマインド】同じお客様に何度も閲覧商品のリマインド配信が届いてしまいませんか?

同じ「商品種別」の在庫連動リマインド配信は、2週間に1度しか配信されないよう自動調整されています。

arrow
【在庫×閲覧商品リマインド】LINE公式アカウントの通数課金の対象ですか?

はい。LINE公式アカウントのプラン毎の無料通数を超えた際の通数課金の対象です。

arrow
【在庫×閲覧商品リマインド】配信通数は確認できますか?

アプリダッシュボード画面から確認できます。詳しくは「活用ガイド:ダッシュボード機能」ページをご覧ください。

活用ガイド一覧へ戻る

Freeプランに利用期間制限はありません!お気軽にインストールしてお試しください!

CRM PLUS on LINEに関するお問い合わせやご相談など、お気軽にお問い合わせください。