Shopify Flowのテンプレートを使って購入完了通知・発送通知を送る

機能の概要

テンプレートで、購入・発送完了通知のメッセージを簡単にデザイン

CRM PLUS on LINEが提供している「Shopify Flow」のテンプレートを使って、「購入完了通知」や「発送完了通知」をLINEで配信する方法を紹介します。

テスト配信方法や、店頭での購入に対して配信除外する方法も解説

テスト配信の実施方法や、(店頭での購入もある場合)店頭での購入に対して購入完了通知が配信されないように除外する方法も紹介します。

CRM PLUS on LINE Freeプランからご利用可能

本記事で紹介する【Shopify Flow 配信テンプレート】は、アプリFreeプランからご利用いただけます。

本記事で紹介するのは、「LINEのID連携がされている友だち」に対して「購入・発送完了通知」を送るための設定方法です。

「友だち以外の方も含め、購入者全員にLINEで発送通知を送りたい!」という方は、LINE通知メッセージ(電話番号でマッチングして配信するサービス)のご利用を検討してみてください。

▼友だち以外にも送れる「購入・発送完了通知」は、アプリProプラン($100)以上で利用可能です。

https://crmplus.socialplus.jp/function/line-notification-massage

機能の説明

「CRM PLUS on LINE」が提供しているテンプレートの紹介

ワークフローの自動化アプリ「Shopify Flow」を活用してテンプレートをストアへそのまま導入できるので、Shopify Flow未経験者の方にも簡単に設定いただけます。「CRM PLUS on LINE」とShopify Flowを併用することで、業務の効率化を実感していただけると思います。

※Shopify FlowはShopifyベーシックプラン以上で利用可能です(2023年10月時点)

テンプレートの導入手順

「CRM PLUS on LINE」から提供しているテンプレートには「購入完了」と「発送完了」の2種類があります(2023年10月時点)。まずはどちらか一方のテンプレートからインストールを始めてみてください。

Shopify Flowのホーム画面を開いた後に、下記の手順で導入していきます。

1.テンプレート導入開始

「テンプレートを閲覧」を選択します。

「テンプレートを閲覧」を選択
【フロー構築が初めての場合はこのような画面から】

「テンプレートを閲覧」を選択
【以前にフロー構築している場合はこのような画面から】

2.テンプレートを探す

まず「アプリ」より「CRM PLUS on LINE」にチェックを入れます。

「CRM PLUS on LINE」にチェック

チェックを入れて検索を絞り込むと、2つのフローが自動で抽出されます。

2つのフローが自動抽出される

 

3.「購入完了」を選択してインストール

例として、「購入完了(Send a notification when a purchase is completed)」を選択し、右上にある「インストール」を押下してFlowアプリ内に取り込みます。

「購入完了」を選択してインストール

4.タイトルを日本語へ変更(必要に応じて)

インストールした時点ではタイトルが英語のままなので、用途に合わせた日本語へ変更します。今後他のアプリが増えた際にもどのアプリによるワークフローなのかを判別しやすいように、タイトルの語尾にアプリ名を記載しておくのもおすすめです。

タイトルを日本語へ変更

5.「発送完了」も同様にインストール

「発送完了(Send a notification when shipping is completed)」も1)〜4)同様の手順でインストールをして、必要に応じてタイトルを変更してください。

「発送完了」をインストール

6.テンプレート導入完了

2種類のテンプレートのインストールが完了しました。

2種類のテンプレート導入完了

このまますぐに利用する場合は、各テンプレートを開き「ワークフローをオン」を押下するとフローが稼働し、トリガーが発火するとLINE配信が開始されます。

「ワークフローをオン」を押下

このまますぐに利用可能ですが、顧客様へ配信する前に一度ストア側でテスト配信をすることをおすすめします。テスト配信の方法は次章で説明します。

テスト配信の方法(2パターン)

テスト配信では、誤字脱字、改行の仕方、色づかいや文章がストアのイメージに合っているかなどを確認していただけます。日本語だけでなく英語や他言語での配信も可能ですので、言語調整の目安にもしていただけます。

購入完了通知のイメージ画像
【購入完了通知のイメージ画像】 

発送完了通知のイメージ画像
【発送完了通知のイメージ画像】

*ローマ字の変数には、実際の配信においては顧客ごとに異なる数値や文字が入ります。
*テンプレートを編集しない場合は、上記画像のような白黒ベースのLINE配信となります。

*テスト配信する前に、テスト担当者は必ずストアにて会員登録、その後マイアカウントにてLINEのID連携を済ませておいてください。

テスト注文をする前に注意事項があります。LINE通知は、各フローのトリガーを発火させ、設定された条件をクリアした後にアクションを実行することで、メッセージを受信できるようになります。

各テンプレートのアクションまでの流れも再度確認しておきましょう。

  • 「購入完了通知」は、(顧客様が)商品を注文して購入手続き完了後にLINE配信される
  • 「発送完了通知」は、注文管理画面にて追跡番号の有無に関わらず、(ストア側で)「アイテムをフルフィルメント」まで完了するとLINE配信される

それでは、下記にて購入完了通知を配信するワークフローでテストを行います。

パターンを2つ紹介いたしますので、どちらかひとつ、やりやすい方法でテストを行ってください。

  • パターン①:「顧客タグにtestタグがある人のみ」にテスト配信
  • パターン②:テスト担当者の「メールアドレス」を使ってテスト配信

パターン①:「顧客タグにtestタグがある人のみ」にテスト配信

例として「購入完了」通知(トリガー名:「Order created」)をつかって、「顧客タグにtestタグがある人のみ」に配信されるよう条件を追加していきます。下準備として、顧客管理画面よりテスト担当者を選択し、タグに「test」を追加します。

顧客管理画面でタグに「test」を追加

CRM PLUS on LINEを通じてLINEのID連携済みの場合は、自動で「line」タグが付与されています。テスト担当者に「line」タグがついていたら、正しくLINE連携されている証です。もし「line」タグがついていない場合は、動作テストしたいストアにて会員登録後、マイアカウントにてLINEのID連携を行ってください。

下準備がおわったら、Shopify Flowの「購入完了」フローを開いて「編集」を選択します。

「購入完了」フローで「編集」を選択

「以下の場合、確認…」(ワークフローの実行条件の設定ブロック)を押下し、右側に条件追加ツールを表示させます。条件追加ツール内にある「基準を追加」を選択します。

「以下の場合、確認…」のブロック:「基準を追加」を選択

顧客タグにtestタグがある担当者のみに配信されるようにしたいので、「test」タグを条件に追加していきます。

まずはOrder > customer を選択します。

Orderからcustomer を選択

その後、tagsを選択します。

customerからtagsを選択

「Tags_item」の欄に「test」と小文字で入力します。

「Tags_item」に「test」と入力

これで顧客タグに「test」がある担当者のみにLINE配信が行われるようになります。

testタグを条件に追加したワークフロー

testタグを条件に追加できたので、「ワークフローをオン」にしてテスト注文を開始してください。

パターン②:テスト担当者の「メールアドレス」を使ってテスト配信

前述のパターン①とほとんど同じ手順です。(①でtestタグを追加した方は、一度testタグのみ条件から削除してパターン②をお試しください。)


条件に「担当者のメールアドレスと一致する」場合のみ配信されるよう条件に追加していきます。「購入完了」フローを開いて「編集」を選択します。

Order > customer > email > 会員登録したときのメールアドレスを記入・追加します。

customerからemailを選択

「Email」の欄にテスト担当者が会員登録した時のメールアドレスを入力してください。

「Email」に会員登録した時のメールアドレスを入力

これでメールアドレスが一致した場合のみにLINE配信が行われるようになります。

メールアドレスを条件に追加したワークフロー

メールアドレスを条件に追加できたので、「ワークフローをオン」にしてテスト注文を開始してください。

*「発送完了」の方も同様にパターン①もしくは②の方法でテスト設定してください。
*テスト配信をする際は、両ワークフローを「ワークフローをオン」に変更してから同時にテストすることも可能です。

テスト配信結果を確認する(ログの見方)

テスト配信の結果を確認するには、トリガーを発火させて全ての条件を満たし、「アクション(LINE配信)」を完了する必要があります。

  • 「購入完了通知」の場合は、(顧客様が)商品を購入手続き完了後にLINE配信される
  • 「発送完了通知」の場合は、注文管理画面にて追跡番号の有無に関わらず、ストア側が「アイテムをフルフィルメント(緑のボタンをクリック)」まで完了するとLINE配信される

今回は例として「購入完了」通知をパターン①の方法で2回テスト配信をしてみました。「履歴を表示する」を確認すると、2通りの異なる結果が表示されています。

それでは「購入完了」通知の配信ログ結果を確認してみましょう。

「購入完了」通知の配信ログ結果

配信を2回おこなっているので、①②の配信結果が表示されています。

①:「LINEでFlexメッセージを送る」+「成功しました」

②:「アクションなし」+「成功しました」

どちらの配信とも「成功しました」というステータスになっているので、ワークフロー構成自体に問題はなかったようです。

しかし、②では「LINEでFlexメッセージを配信する」というアクション実行がされていないので、どこかでエラーが出てしまったようですね。①から順に、ログを見ていきましょう。

テスト配信、成功の場合→①

①:「LINEでFlexメッセージを送る」+「成功しました」

LINE配信の実行まで完了した成功事例です!ワークフローの実行記録が緑の矢印で繋がり最後まで到達していますね。(下図参照)

ワークフローの実行記録:成功

成功を確認したら、テスト配信用に追加したtestタグやメールアドレスを条件から削除してテンプレートを導入した時の形態へ戻します。この時、LINE配信する上でタグ「line」の条件は必要になりますので、誤って削除しないよう注意してください。

テスト配信、失敗の場合→②

②:「アクションなし」+「成功しました」

LINE配信の実行まで完了しなかった失敗事例です……。ワークフローの実行記録が緑の矢印で最初の接続まで到達しているものの、2箇所目の接続ではグレーになり、最後まで到達していません。(下図参照)

ワークフローの実行記録:アクションなし

成功事例と比較すると、ワークフローの構成自体は同じです。

それでは、何が問題だったのでしょうか。Shopify Flowでは詳細のエラー情報も記載しているので再度、ログの詳細を確認してみます。

エラー情報:条件に追加した「test」タグの付与がない

詳細を確認してみると、条件に追加していた「test」タグの付与がなく、条件を満たされていなかったのが原因のようです。

ここでテスト配信をした担当者の顧客管理内のタグを確認してみると、lineタグはあるもののtestタグの付与を忘れていたようです。エラーを解決するには、ここにtestタグを付与して再度テスト配信をしてみると解決できそうです。

【エラーがでていた時の顧客タグ状況】

【エラーを解消できるようにtestタグを付与】

今回のエラーは、testタグの付与漏れによるものでした。

エラー原因は様々ですので、「LINE配信が届かない」などの不具合が生じた場合は、まず配信ログを確認して、緑の矢印がどこでストップしているのか、どこの条件がfalse(失敗)となっているのかを確認してみてください。

それでもエラーが解消されない場合やご不明な点がある場合は、お気軽にCRM PLUS on LINEのサポート窓口へご相談ください。

LINE配信(Flexメッセージ)をアレンジする方法

テンプレートで配信される「購入完了」や「発送完了」のLINE配信(Flexメッセージ)は、ストアのブランドイメージに合わせて自由にカスタマイズが可能です。文章やカラー変更、画像の追加方法などはこちらのブログを参照してアレンジしてみてください。

【注意】実店舗での注文情報もShopify上に生成される場合の回避方法

スマレジとShopifyの連携アプリOmni Hubを利用している場合や、Shopify POSを実店舗で活用している場合、Shopifyの注文管理には実店舗での購入データも生成されます。

本記事で紹介したテンプレートはオンラインストア上での購入を前提としているので、実店舗での購入の際に購入完了通知メッセージが配信されないようにするには、ワークフローに条件分岐を追加する必要があります。

スマレジ連携アプリOmni Hubを利用している場合の回避方法

スマレジ連携アプリ「Omni Hub」では、スマレジ(実店舗)での注文に対して注文タグ「スマレジ」を付与しているので、このタグを使って条件分岐を設定します。

アプリからのタグの反映にはタイムラグが発生する可能性がありますので「Wait」ブロックと「条件」ブロックを追加します。

「Order created」の次にアクションを追加し、Shopify > Wait を指定します。10秒の待機時間を設定するので、「10」「Seconds」と設定します。

次に条件ブロックを繋げ、Order > tags で注文タグ「スマレジ」が付与されているか確認します。

今回の処理では、実店舗での注文にはLINE配信をしない(除外したい)ので、Then ではなく、Otherwise に繋げて次のワークフローへと移ります。

Shopify POSを利用している場合の回避方法

Shopify POS経由で作成された注文には、チャネル情報として”Point of Sale”が定義されていますので、こちらを条件として利用します。

まずは、条件を追加し Order > channelInformation > channelDefinition > ChannelName を選択します。

Channel Nameが「Point of Sale」かを確認します

今回の処理では、実店舗での注文にはLINE配信をしない(除外したい)ので、Then ではなく、Otherwise に繋げて次のワークフローへと移ります。

その他ご不明点などありましたら、サポート窓口宛にお気兼ねなくお声がけください。

費用

Shopifyベーシックからご利用可能

ご利用中のShopifyの月額料金

$25~
Freeプランからご利用可能

Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」の月額料金

$0~
コミュニケーションプランからご利用可能

LINE公式アカウントの月額料金

¥0~
スタンダートプランでは~3円/通

LINE公式アカウントの通数課金(無料通数を超えた場合のみ)

随時

よくある質問

arrow
他のLINE関連ツールから移行を検討しているのですが、移行のサポートもしてもらえますか?

はい。現在のストア様の設定状況を伺いながら、スムーズな移行ができるようサポートしています。また、LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」はWebhookの設定を必須としないため、他社ツールとの併用も可能です。具体的な併用方法に関する相談も受け付けていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

arrow
アプリの初期設定が完了していれば、顧客様がLINE公式アカウントに友だち追加するだけで、自動でLINE連携されるのでしょうか。

LINE公式アカウントに友だち追加しただけでは「LINE連携完了」にはなりません。マイページやサンクスページなどに設置したLINE連携ボタンから、「連携する」ボタンをクリックして連携手続きを完了していただく必要があります。

arrow
現在利用しているShopifyアプリやマーケティングツールとの連携は可能ですか?

CRM PLUS on LINEは様々なShopifyアプリ・CRMサービスと連携して活用いただいています。

■連携活用の実績ありのアプリ・サービス(一例)

Shopify Flow

Back In Stock:  Restock Alerts

Prime Review

どこポイ

Omni Hub

定期購買

・Lステップ / LinyなどのLINE関連サービス

データ連携の方法からサポート可能ですので、実施したい施策が実現可能か?お気軽にご相談ください。

活用ガイド一覧へ戻る

Freeプランに利用期間制限はありません!お気軽にインストールしてお試しください!

CRM PLUS on LINEに関するお問い合わせやご相談など、お気軽にお問い合わせください。